nao morigo

「時の隙間」

時からみた、私たちの見ている景色

"Time Gap"

2018/10/08 - 10/20

 

 

作家紹介

nao morigo

京都精華大学 芸術学部造形学科洋画 卒業

アメリカミシガン大学 留学(版画・陶芸・彫金)

<受賞歴>

2017

Artist meets Gallery in KAM 2017 入選

Ronin Globus Artist-in-Residence Program 準優勝

2016

葛城発信アートFAIR 優秀賞

Ronin Globus Artist-in-Residence Program 特選者

2015

葛城発信アートFAIR 2016 三席

<海外活動歴>

2018

「4th International Art Festival」(Haegeumgang Theme Museum/韓国)

「The Infinity Japan Contemporary Art Show( Hotel Royal-nikko Taipei/台湾)

2017

「Contemporary Talents of Japan」入賞者合同展(Ronin gallery/アメリカ/NY)

2016

「Kolkata International Art Exhibition」(Rabindranath Tagore Center /インド)    

兵庫県パリ事務所 個展

「Contemporary Talents of Japan」入賞者合同展(Ronin gallery/アメリカ/NY)

「ICFF」(Jacob K. Javits Convention Center/アメリカ/NY)    

2015

「9th wave gallery オアフ ポップアップ展」(マウイ滞在制作・イベント/アメリカ/ハワイ)

個展・ワークショップ (シンガポール)   

 

 

今まで時間は、

生まれてから死ぬまで一刻一刻と、

定規の上を歩いているようなイメージでした。

1秒、60 秒、1分…

世界で共通した時間の早さ。

でもふと、「そんなもの存在するのだろうか?」

と、思ったのです。

早い・遅い・過去・未来…

色んな時間が混じり合って、同時に存在しているかもしれない。

 

「時間」という概念からしたら、

風景は単なる模様に過ぎないのかもしれない。

この概念を形にした物が「時の隙間」です。

 

キャンバス全面にコラージュ(時間という概念)を敷き詰め、

それ以外を白(風景)で覆い隠してみました。

 

私たちの目には、色んな時間に、

風景という物質が覆い被さって見えているのかもしれない。