小野サボコ

Ono Saboco.

 

Silent light

 

2020/11/09 - 11/21

小野サボコ Ono Saboco.

1969年生まれ 大阪生まれ 神戸在住

`92年京都精華大学 美術学部卒 版画リトグラフ専攻 研究生1年

 

<個展歴>

2019

ひかりさすにわ (Space31/神戸)

Prayer and altar (Ronnie247 fine arts/東京)

Prayer and altar (Ronnie247 fine arts Recommend Wall/東京)

2018

Prayer and altar (MU東心斎橋画廊/大阪)

2017

HIKARI NI SUMU (KUNST ARZT/京都)

2016

2room's (2kwギャラリー/大阪)

HIKARI WO TUNAGU (ストリートギャラリー/神戸)

2015

image no baton (2kwギャラリー/大阪)

2014

HIKARU HOUSE (ストリートギャラリーみちくさ/越前)

HIKARI NI SUMU (ギャラリイK/東京)

2013

HIKARU HOUSE (アトリエ苺小屋/神戸)

2012

HIKARI WO TATAKU (ギャラリイK/東京)

2011

HIKARI WO TATAKU (ストリートギャラリー/神戸)

2010

しあわせな地下室 (信濃橋画廊/大阪)

2009

いろとりミドリ (DELLA PACHE/神戸)

 

めくる壁画 (アトリエ2001/神戸)

2020.3/5

この日、わたしはハイウェイで

大きな虹をくぐり抜けていた。

たった今、虹の弓を引いて静かな白い光の矢が

私の手中から放たれ空へ向かうところ

この光の矢は空へ七色の虹をかけます。

rain-bow bow and arrows

虹の弓があるなら矢を作ろうと思いました。

虹は多様性への希望を意味します。

全ての人種や民族文化、国籍、宗教や思想、

全ての違いを喜びあえる世界に向けて

祈りを捧げています。

そして2018から制作したアミニズムの民族のためのアルター:祭壇を置きました。

森羅万象の自然の中に神がいると信じています。今、必要な感性だと思いませんか?

途方もない宇宙のたったひとつの惑星に

こんなにも77億の人類が色んな国の

コミュニティのなかで生きてる。

謙虚さを忘れた地球人は色んな命の連鎖や多様性をこの星から奪って自分の首を絞めている。

この光の矢は人間に向けると槍にもなるし

使い方を誤ると良くない武器にもなります。

どうして人間は不幸せな道具を作るのが好きなのかな?アートは私を自由にしてくれるのにね。

空を見上げれば、私達は単純に

同じ虹をみて笑顔になれると言うのに、

とにかく私達は複雑すぎている。

どうかたくさんの小さな光の矢を放ちあい

世界にいつか大きな平和な虹がかかった時、

皆んなで笑いあえれば最高だと思う。

いつかそんな日が来ますように!

皆さんお元気でいましょうね。

 

2020 10月27日

小野サボコ

 

March 5, 2020. That day, Ι drove through a big rainbow on the highway. Then I pulled back a silent white arrow of light, which leapt from my hands drawing seven rainbow colors on its way to the sky. A rainbow, a bow, and an arrow. Since there was a rainbow, I considered making an arrow. The rainbow means hope in diversity. I pray for a world that is proud of its many races, cultures, nationalities, religions and thoughts, and celebrates its differences. And I placed an altar that I started creating in 2018 for the animist peoples. I believe deities inhabit all the elements of Nature. Don’t you think that it is an urgent sensibility in times like these? 7.7 billion humans are living in different national communities in only one planet in the middle of the vast universe. Earthlings forgot humility and are now taking different chains of life and diversity from this planet and strangling themselves. This arrow of light is also a spear directed to humankind. If wrongly used, it can become a harmful weapon. Why does humankind like making disgrafecul tools so much if art can make us free? We could simply look up in the sky, see the rainbow, which is the same for all of us, and smile... We are just too complicated. How wonderful woud it be if many of those little arrows of light were shot, spreading a big rainbow of peace over the world, and we could smile to each other! I wish that day will come soon! Let's all stay cool.

 

October 27, 2020

Saboco Ono