渡邉 加奈

Watanabe Kana

「 sea / science」

2018 / 07 / 30 - 08 / 11

 

 

 

前回個展「 aquariums 」

2016/06/02 - 06/12

 

 

 

Artist Profile

 

渡邉加奈 Watanabe Kana

2011年 大阪芸術大学 美術学科 卒業

 

個展歴

2011年 「海Χ回」(SoHo art gallery / 大阪) 

2014年 「10このみずたまり」(橘画廊 / 大阪) 

2015年 「=aqua×AQUA」(Gallery & Cafe AQUA / 和歌山)

2016年 「aquariums」(Links gallery / 大阪)

               「aquariums×現代的なアート展」(堂島リバーフォーラム / 大阪)

 

受賞歴

2011年 「第13回雪梁舎フィレンツェ賞展」 入選 

2012年 「アートムーブ 2012絵画コンクール」 入選

     「アートストリーム 2012」 ホルベイン賞受賞  

2014年    「ヤングクリエイターズ アワード2014 」 審査委員賞受賞

     「アートストリーム 2014」 大阪水上バス賞受賞  

2015年 「ヤングクリエイターズ アワード2015 」 優秀賞受賞

               「アートストリーム 2015」 Links賞受賞、堂島リバーフォーラム賞受賞

 

 

海のことを考えると 

そのすべてが知りたくなる

Thinking about the ocean

I want to know all that

 

海がある理由

海の色

海の形

Reason for the sea

Sea color

The shape of the sea

 

顕微鏡で覗いた海は

色んな表情をしていました

The ocean peering through the microscope

I had various expressions

 

そしてその中へと私を連れて行ってくれました

And they took me to that place

 

 

海をテーマとした油彩画を一貫として制作し続ける渡邉の

新作発表個展となります。

生命の源とも呼ばれる海からその雄大さや尊大さ、

または過酷さや残酷さを生と死を背景に踏まえ、

独自の感性と解釈より描きます。

鮮やかなブルーの色彩構成は

より洗練され深みを増していきます。

 

Watanabe's new work will be a solo exhibition that continues to produce oil paintings with the theme of the sea as one.

The sea is also called the source of life.

Its majesty and honor or harshness and cruelty.

She draws with her own sensibilities and interpretation based on the background of life and death. 

Bright blue color composition will become more sophisticated and increase in depth.