Akio Takimoto

「 border 」

 

2018/03/15 - 03/25

@Linlow(Final Exhibition)

 

 

 

作家紹介

1978年大阪生。 成安造形大学造形美術科洋画・構想コース卒業。

 

 神戸のコマーシャルギャラリー、大阪の企画デザイン事務所を経て

2004年に個人事務所JAMWORKSを設立。

同年にディレクター集団Art  yardを立ち上げ、

フリーマガジンの発行、イベントスペースの運営など関西・関東で活動。

8otto、少年ナイフ、モーモールルギャバンなどのアートディレクション、

ミュージックビデオの監督などを担当し、

カメラマンとしてはサザンオールスターズのドキュメントカメラクルーとしても

西日本と東京ドームの公演に参加。 

 

現在は天満橋ART Lab OMMのディレクションもおこなっている。 

 

 

Linlow最後の展示会は映像作家でもありアーティストでもあり、天満橋のアートギャラリー「ART Lab OMM」のアートディレクターでもある滝本章雄による個展となります。

キャンバスにテンションを施し制作される新作群をはじめ、自身の手がけるミュージックビデオを中心とした映像作品やプロダクト作品など、滝本の世界を余すところなく披露いたします。 

モノ・コトの境界を考える。 構築なのか分解なのか?  

シリーズ新作たちはTakashi Moriが創り出す音楽「HASSHOUSETSU」のトラックを流しながら制作しております。

聴覚と視覚。自身を通してその情報が翻訳される境界を意識する事で、本展のテーマにした「border」と向き合います。 

考えることは興味を持つ事。 

そこから生まれた新しい興味を楽しみたい。 

Consider the boundary of matter / event. Is it construction or decomposition?

New works are produced while shedding the track of music "HASSHOUSETSU" created by Takashi Mori.

Hearing and sight. We are conscious of the boundary at which that information is translated through ourselves. And I will face "border" which was the theme of this exhibition.

Thinking is to be interested.

I want to enjoy new interests born from there.

 

 


開催風景

exhibitiom pic