山口 留美惠

Yamaguchi Rumie

 

「ABOUT 3」

 

2018/12/03 - 12/15

 

 

 

 

 

 

 

作家紹介 

[ 個展歴 ]

2014

【Oter - vol.04 - 】Gallery Conceal Shibuya / (東京)

2013

【THE azuRe 】 Gallery Conceal Shibuya / (東京)

2009

【Water Side】HB gallery / (東京)

 

[ 出展歴 ]

2018

『四国タツノコジェニック』展 / 巡回展

OPEN.[Six Stings] / OPEN NOE(大阪)

UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2018 横田奈那子賞 / HERBIS ENT(大阪)

「HY ART STORY」/ MDP gallery (東京) 

「SeeKeR」/ gekilin.(大阪)

[タツノコART] / MDP gallery (東京) 

 

2017 

「Sakura Pink」 / MDPgallery(東京) 

UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2017 峠田充謙賞 / HERBIS ENT(大阪)

 

2016 

UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2016 / HERBIS ENT(大阪)

「sakura展2016」/ MDPgallery(東京)

【若手アーティストグループ展】/ 光岡自動車麻布ショールーム(東京)

 

2014

【企業コラボアート東京2014】より参加/ MDP gallery(東京)   

 

2011

FRANCK MULLER ART GRAND PRIX「求ム、創造の天才。」上田義彦賞受賞 / 表参道ヒルズ(東京)

 

2009

HB FILE COMPETITION VOL.19 永井 裕明 賞 受賞 /  HB gallery(東京)

 

[主な仕事]

2017   

著:ピエール・マルシェ「精神障害の下部構造」(金剛出版)  装画

2012 

著:ピエール・マルシェ『パーソナリティ障害:診断と治療のハンドブック』(金剛出版)  装画

2009

著:辻村 深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』(講談社) 装画

 

 

 

 

山口の作品はランドスケープのような自然を描いた風景でもあり、抽象絵画でもある。

または等高線で示された地図の様でもあり、線で描かれたイラストレーションの様でもある。

 

現代を生きる者が風景や景色を眺めたときに、実に多くの情報を有しながら眺める事となるだろう。

例えば山を一つ眺めるにしても、標高や地形、歴史や逸話、映画やアニメの舞台となった事、1年間で何万人の登山者がいる事等、景色一つでも数多の情報がそこには存在している。

 

山口の描く作品はそんな情報過多な現代を「風景のようなもの」という対象から写し出しているようにも受け止められる。

それはどこか不安定な現代の姿の様でもあり、崩壊した姿を描いている様でもあるからだ。

 

大阪では初個展となる新作群をぜひご堪能ください。